任意売却や賃貸住宅など、住宅を借りる際に覚えるべき事

便利な不動産会社

不動産で気をつけるべき物件のこと

この春、進学や結婚に向けてこれから不動産屋に足をお運びになる方が多くいらっしゃると思います。不動産の店頭や新聞に折り込まれているチラシには魅力的な物件が並んでおりますが、少し気をつければならない事があります。 それは、事故物件です。事故物件とはざっくり説明しますと前の家主が自殺したり、殺人や傷害事件があった物件の事です。特に前の家主が自殺した場合、体液が床や床、天井に染みつきなかなか拭きとるという事はできません。なのでその場合不動産屋はどうするかというとその部屋をまるまるリフォームしてしまうのです。よく不動産屋の物件に一部リフォーム済みだとか見出しが付いておりますがそういう物件には注意が必要です。

不動産〜安く住めるテクニック〜

誰でも良い物件に安く住みたいものです。今からお話しするのは、できるだけ望み通りの物件に安くすめるテクニックです。 それは、事故物件を選ぶということです。 不動産屋の店頭ポスターを良く見てください。二口コンロ付きや宅配ボックス付きなど魅力的な情報が並んでいます。 ここで豆知識を一つお話します。隅の方に『告知事項あり』という表記を探すのです。 事故物件はさまざまのものがありますが、多くは前の家主が自殺、もしくは傷害事件を起こしてしまった場合のものです。不動産屋は事故物件をこれからその物件を借りよう、買おうと思っている人に教えなければならない義務があるのです。 『告知事項あり』との表記があったら遠慮なく聞いてみましょう。