任意売却や賃貸住宅など、住宅を借りる際に覚えるべき事

二ヶ月超えると大変

住宅ローンの滞納が2か月を超えると

住宅ローンの契約書には、返済が滞った場合には一括返済しますと言った内容の項目があります。当然その契約書に署名捺印されている訳ですから、住宅ローンを滞納した場合には契約通りのことが執行されます。 住宅ローンの借入れ先から「期限の利益喪失」という通知が来れば、もはやローンでの返済はできません。残債の一括返済と遅延損害金の支払いを求められます。 このような状況になったらすぐに任意売却専門業者に相談してください。一人であれこれ悩んでいるうちにマイホームが競売にかけられてしまいます。競売の手続きが開始される前に任意売却できるようお手伝いするのが専門業者の仕事です。マイホームは手放すことになりますが、債権者の合意を得て売却することで売却代金が入ります。その売却代金を債務の返済にあてることができます。これを任意売却とよびます。

任意売却の業者は1社に絞り込まなければならない

競売にかけられると市場価格の7割ほどで売却されます。これでは残債が支払えずに結局自己破産してしまう人もいます。引っ越し費用もでません。しかし任意売却なら市場価格に近い値段で売却できますので、それだけ残債を減らすことが出来ます。交渉次第で引っ越し費用もでます。 しかし任意売却には債権者の合意も必要です。売却価格も一存では決められません。そういった交渉を一手に引き受けるのが任意売却専門業者です。信頼できる1社を決め専任媒介契約を行う必要があります。この専任契約があってはじめて債務者の代理としての交渉を行うことができます。ですから業者選びは重要です。 任意売却したからと言って住宅ローンの残債がすべてなくなるとは限りません。不足額の返済は必要になりますし、専任契約した会社への手数料や登記抹消費用なども必要になってきます。

任意売却を避ける

任意売却にならないようにするためにも、きちんとした返済計画を立ててから物件を購入した方が良いのです。購入したはいいけれども、返済出来ないとなると売却という選択肢が迫ってくるだけになります。そうならないためにも、計画性はかなり重要になってきます。賃貸マンションを購入する場合も同じように気を付けるべきポイントがあり、住宅に住んでくれる人を考慮する必要があります。賃貸の場合、住んでもらう事で始めて家賃という収入を得る事が出来ますので、住人が増えれば増えるだけ収益が大きくなるのです。収益が大きいと生活が安定しますし、返済金額も安定して支払えるようになります。賃貸住宅にしても、一戸建てにしても、計画性がなければ負債になってしまう可能性があるという事を肝に命じておきましょう。

注意する事

住宅ローンが支払えない際は、法的処理として金融機関が不動産を没収します。そして競売に掛けられる事が一般的ですが、現在は任意売却という方法を取った方がいいのです。この方法を取る場合の注意点があります。

賃貸物件借りる

最近では、多くの方が賃貸物件を借りていますが、ここでは、賃貸物件を借りる際におさえておきたいポイントをご紹介します。賃貸物件を借りる際に参考にしてみてはいかがでしょうか。

物件探し

物件探しにおいて現在多く使われるツールはインターネットです。とても便利に物件探しが行えますが、利用する際は注意も必要です。そして気になる物件は大家との交渉により、自分の思うままの条件で借りられる事もなくはありません。

家賃の変化について

賃貸で部屋を借りる際には立地条件でかなり個数が変わるようになっています。ここでは、多くの方が利用する家賃の変わり方を紹介していくので参考にしてみてはいかがでしょうか。

便利な不動産会社

最近では、多くの方が不動産を利用しています。不動産会社を利用することによって多くの物件を比較してみることができるので、効率よく物件探しが行えるようになっているのが不動産会社を利用するメリットの1つとなっています。

↑ PAGE TOP